税理士の収入を考える

スーツ姿の女性

税理士の年収について

税理士の年収は、独立して開業している開業税理士と、税理士法人やほかの個人事務所に所属している勤務税理士とでは大きく異なってくる。開業税理士は、独立して開業しているので、平均年収は約3000万円と高い。但し、全体の4分の1を占める小規模の個人事務所では、平均年収の10分の1以下、すなわち300万円以下もけっして珍しくないのが現状である。これは、事務所間での顧客の取り合いなどのためで、顧客の安定的な確保が難しい状況が原因とされる。また、大きな個人事務所とは異なり、顧客単価の低い仕事が多いのも年収が低いとされる原因になっている。一方勤務税理士は、独立開業している人の4分の1程度の年収、すなわち700〜800万円といわれている。但し、年収は安定しているのが大きな利点ではある。

年収を増やすためには

年収を増やすためには、勤務税理士で十分な実務経験をつみ、実力をつけてから独立開業することが必要である。独立開業してから年収を増やすため必要なことは、大きく分けて二つある。一つは、新規の顧客を開拓することである。もう一つは、単価の高い仕事を請け負うことである。単価の高い仕事とは、人事、労務全般に関するコンサルタント業務のことであるが、コンサルタント業務を受注することは、人脈がないとかなり難しい。そこで大事になってくるのは、異種業種間での交流会などを活発におこなって人脈をひろげることである。また、インターネットを活用して、ホームページを開設したり、広告などをうちだしたりして、新たな顧客の拡大、コンサルタント業務の受注を目指すのも今の時代には不可欠である。