税理士が行なう仕事

パソコンの前の男性

現在取り組んでいるのはどのようなことか

税理士は税務に関する専門家です。税務上の正確な課税標準額とそれに課せられる税額を正確に算出して、納税者が正しい納税ができるように手助けする仕事です。帳簿をつけている事業者などでも税理士のサポートが必要になる場合があります。会計上の帳簿処理と税務上の帳簿処理が異なる場合です。そうした場合には税理士に相談することにより、税務上正しい帳簿処理で各事業年度の利益の額を算出してもらえます。最近税理士の中にはそうした正しい税額の計算以外にもより幅広い事業に取り組んでいる人もいます。経営のサポートなどもそうした取り組みの一つです。顧客の財務状態を正確に把握してることから、経営面からのアドバイスができる税理士も増えています。

どのようにサービスを利用するか

税理士に税金に関する相談をする場合には、まず自宅や事業所などの近辺のどこに税理士の事務所があるかを調べます。今はインターネットでも簡単に調べることができます。税理士の事務所もさまざまなタイプがあります。個人で行っている場合や、複数の税理士が所属してそれぞれ専門の分野ごとに分かれて相談に乗っているような規模の大きいものもあります。個人で行っている税理士の場合には特定の分野に強みを持っている場合も多いです。相続税や贈与税などの分野に詳しい人や、事業者を対象とした税金に専門にしている人もいます。相談をするときにはこれらの専門性を考慮する必要があります。自分の相談したい税金のことに強い専門性をもつ人を選ぶことにより、より的確なアドバイスをもらえます。