相続税などの際に

建物

具体的な相続税対策を指南してもらえます

税法が改正された影響で、従来よりも相続税が課税される層が広くなりました。以前の法律下では課税される心配がなかった人も、今後は多額の相続税の支払い義務を負う可能性が出てきました。今までは、相続税対策で頭を悩ませる必要があるのは一部の富裕層のみといった印象がありましたが、これからはごく普通の人が相続税で頭を悩ませることになります。家族が生きているうちに相続税のことで騒ぎ立てるのははしたないことだと考える人が少なくありませんが、相続税の節税対策を講じるためにはある程度の時間が必要になります。家族が亡くなってから大慌てしてしまうことがないようにしたいのであれば、税理士に相談して早めに相続税対策を講じておくことが大切です。税理士は税金の専門家ですので、事案に応じた具体的な相続税対策を指南してもらうことができます。

個人向けの税務サービスを提供する税理士が増えてきました

一昔前までの税理士には、会社などの法人の税務業務しか取り扱っていないというイメージがありました。個人が税理士を利用する場合といえば、お金持ちの人だけに限られているような状況でしたから、今だに税理士事務所に対して敷居の高さを感じてしまう人がたくさん存在しています。しかし、現在では、法人税務しか取り扱っていない税理士事務所はほとんどなくなってきています。逆に、個人向けの税務サービスだけを専門に取り扱っている事務所もあるくらいです。相続が発生した後になってからその納税手続きを頼みたいという場合はもちろん、将来発生する遺産相続に向けて長期的な相続税対策の相談にのってもらうようなこともできます。個人向けサービスに力を注ぐ税理士事務所が増えてきていますので、何でも遠慮なく相談してみることをおすすめします。